ホーム > 街かどナビ 利用規約

街かどナビ 利用規約

第1章 総則

第1条 【定義】

第2条 【規約の適用】

甲がインターネットを通じ提供する本サービスを乙が利用するにあたり、本規約を定めます。また、乙は新規利用、及び利用継続中において、本規約に同意しているものとみなします。この本規約に同意しない場合には、本サービスを利用することができません。

第3条 【本規約の適用及び変更】

甲は、乙に事前に通知することなく、本規約の全部又は一部を任意に変更することができ、また本規約を補充する規約を新たに定めることができる ものとします。 規約の変更・追加は、本サービスを提供する本ウェブサイトに掲載した時点から効力を発するものとし、効力発生後に提供される各種サービス は、変更・追加後の規約によるものとされます。

乙は、前項の内容を十分に理解し、本規約の最新の内容を定期的に確認する義務を負うものとし、甲に対して、規約の変更・追加に関する不知・異議・クレーム一切を申し立てることは禁止されます。乙は、前項の内容を十分に理解し、本規約の最新の内容を定 期的に確認する義務を負うものとし、甲に対して、規約の変更・追加に関する不知・異議・クレーム一切を申し立てることは禁止されます。

甲は、規約の変更・追加により会員等に生じた一切の損害について、直接損害か間接損害か否か、予見できたか否かを問わず、一切の責任を負わないものとします。

第2章 本サービスの利用申込等

第4条 【利用申込とフリー契約の成立】

乙は、本規約を承諾の上、甲が指定する手続きに基づき本サービスの利用を申し込むものとします。 甲が乙の申込みを受け付けた場合、乙に対し受け付けた旨を電子メールにて通知した時点で確認未確認問わず契約が成立したものとします。甲は、乙に申込み内容に関して本人確認等のための資料の提出を求めることがあります。

第5条 【甲によるフリー契約、及びプレミアム契約の取消し】

フリー契約またはプレミアム契約の申込み後、乙が以下のいずれかに該当することが判明した場合、甲は何らの通知、催告することなく、フリー契約またはプレミアム契約を取消すとともに乙の登録したデータ等をサーバから削除することができるものとします。以下のいずれかに該当する乙の行為により、 甲及び第三者が損害を被った場合、乙は甲及び第三者に対して、甲または第三者が被った損害を賠償するものとします。

第6条 【プレミアム契約】

乙がプレミアム契約申込みの意思を示す場合、甲が請求する金額に対する乙のクレジットカードの決済または銀行振込によりプレミアム契約申込みを行うものとします。 乙の支払いを確認後、3営業日以内にプレミアム契約日を定め、プレミアム契約を開始します。

第7条 【プレミアム契約期間】

プレミアム契約の利用期間は1ヶ月とします。利用期間はプレミアム契約日から翌月前日までとします。

第8条 【プレミアム契約利用の継続】

乙のプレミアム契約は乙からの解約の届出が行われない限り契約は自動更新される事を、乙は予め承諾しているものとします。

契約更新分の利用料金の入金が確認できない場合、甲は、乙に利用継続の意思がないものと判断し、プレミアム契約を更新しないものとします。

また、甲は契約終了後のデータ保持に関して何ら関与しないものとし、甲は一切その責任を負わないものとします。

第9条 【登録者情報の変更】

乙は申込み時に申告した登録者情報に変更があった場合、甲へメールまたはお問い合わせフォームを通じての内容変更依頼を行うものとします。

第10条 【利用の停止】

乙が以下のいずれかに該当する場合、甲は理由の如何に関わらず乙に対する本サービスの提供を直ちに中止し、乙に対し会員資格の停止処分または除名処分を行うものとします。また、乙の規約違反等により甲に損害を与えた場合には甲が乙に対し損害賠償請求することができます。

第11条 【乙による解約】

乙は本サービスにおけるフリー契約、及びプレミアム契約を解約する場合、甲が提供する会員専用ページより届け出るものとします。フリー契約の場合、届け出の確認ができ次第、即日解約とします。プレミアム契約中の場合は、契約満了日をもってプレミアム契約の解約とします。

前項の場合において、その利用中に係る乙の一切の債務は、フリー契約、またはプレミアム契約の解約があった後においてもその債務が履行されるまでは消滅しないものとします。

既に甲に支払った全ての料金の返金は一切行われないものとし、乙はこれを了承します。

フリー契約、またはプレミアム契約の解約の意思表示は、契約に付随する全ての本サービスに関する契約を解約する意思表示とみなすものとします。

乙は契約の解約時に、データのバックアップ等は乙の自己責任において行うものとし、甲は解約後のデータの保持に関して何ら関与しないものとし、甲は一切その責任を負わないものとします。

第12条 【甲からの通知等】

通知等を行う必要があると判断した場合、電子メール、書面または甲のサイトに掲載する等、甲が適当と判断する方法により随時通知等するものとします。

前項における電子メールの通知にあたっては、乙が申込み時に申告した電子メールアドレスを通知先アドレスとします。

甲が前項の通知等を本サービスのホームページ上で行う場合は、当該通知等をホームページに掲載した日をもって、乙に当該通知等が到達したものとみなします。 また、電子メールによって通知等を行う場合には、甲が乙に対して電子メールを発信した時点をもって、乙に当該通知等が到達したものとみなします。

乙が甲に届け出た事項に虚偽、過誤、不備があり、甲からの連絡事項が届かなったことによる損害について甲は一切の責任を負担しません。

第13条 【本サービスの提供範囲の設定】

甲は、乙に対する本サービスの提供範囲の制限を設定または変更することがあります

第3章 本サービスの料金等

第14条 【利用料金】

利用料金は、甲が別途料金表に定める料金を適用します。

甲が利用料金を計算し、乙に対して請求を行うものとします。

甲は、乙の承諾なく、利用料金の変更を行うことができるものとします。

利用料金に変更がある場合は、甲は乙へ通知するものとします。

乙から甲に支払われた本サービスに関する一切の料金等は、いかなる理由といえども返還しないものとします。

第15条 【支払い】

甲は利用料金の支払方法や支払い期日をオンライン上または電子メールにて告知するものとします。

金融機関に支払う振込み手数料その他の費用は、乙の負担とします。

乙は別途料金表に定めるいずれの支払方法を選択した場合も、支払方法に不備があった場合は、直ちに会員専用ページより届け出るものとします。

乙が甲の指定する支払い方法以外で入金した等、乙の過失を要因として甲が乙の入金した事実を確認できない場合、乙または他の第三者が被った損害について甲は一切の責任を負わないものとします。

第16条 【料金改定】

甲は、乙の承諾を得ることなく料金を改定する場合があり、乙はこれに同意することとします。また、改定後の料金体系は、契約更新時に適用されるものとします。

第4章 本サービスの中止・停止等

第17条 【本サービスの内容の変更及び停止、中止】

甲は、乙への事前の通知を行わずに本サービスの内容の変更、または本サービスの停止もしくは中止をすることがあります。この変更、停止、中止等については、甲が合理的と判断する手段を通じて発表するものとします。

第18条 【本サービスの一時的な中断】

甲は、下記に該当する場合には、乙に事前に通知することなく一時的に本サービスを中断する場合があります。また、甲は以下の事由により本サービスの提供の遅延または中断が発生した場合は、これに起因する乙または他の第三者が被った損害について一切の責任を負いません。

システム(通信回線や電源、それらを収容する建築物等を含む)の保守、点検、修理、変更を定期的にまたは緊急に行う場合

火災、停電等により本サービスの提供ができなくなった場合

地震、噴火、洪水、津波等の天災により本サービスの提供ができなくなった場合 戦争、変乱、暴動、騒乱、疫病、労働争議等その他不測の事態により本サービスの提供ができなくなった場合

法令による規制、司法命令等が適用された場合

その他、運用上、技術上甲が本サービスの一時的な中断を必要と判断した場合

第19条 【本サービスの廃止】

甲は、業務上の都合により、乙に対して提供している本サービスの全部または一部を廃止することがあります。

甲は、前項において定める本サービスの廃止を行う場合には、その1カ月前までにその旨を甲が適当と判断する方法により乙に通知します。

甲は、本サービスの廃止により乙に生じた損害について、一切の責任を負いません。

第5章 利用上の責務

第20条 【乙の設備等】

乙は、本サービスを利用する為に必要な通信機器やソフトウェア、通信回線等の全てを乙の責任と乙の費用で準備し、操作、接続等をするものとします。

第21条 【ID及びパスワードの管理責任】

乙は、ID及びパスワードの貸与、管理、使用についての一切の責任を持たないものとし、ID及びパスワードの利用者または第三者により、ID及びパスワードの不正使用等があった場合も、一切の責任を負いません。

ID 及びパスワードの利用者は、本規約の適用を受けるものとし、ID及びパスワードの利用者の行った行為が本規約に違反する場合は、甲は本規約に基づいた対応 を行うものとします。また、乙はID及びパスワードの利用者が本規約を遵守するよう管理する責任を負うものとします。

甲は、ID及びパスワードが不正に使用されていると判断した場合、乙への事前の通知なしに、乙の会員資格を停止できるものとします。その場合、乙やID及びパスワードの利用者が本サービスを利用できず損害が発生しても、甲は一切の責任を負わないものとします。

第22条 【禁止事項】

乙は本サービスを利用するにあたり、下記に該当またはその恐れがある行為をすることはできません。

第23条 【利用権譲渡等の禁止】

乙は、甲の承諾なしに本サービスの会員として有する権利を第三者に譲渡、使用、もしくはこれに類する行為、または質権の設定等その他担保に供する行為等はできないものとします。

第6章 甲の義務

第24条 【本サービスの責任】

甲は、本サービスが円滑に提供されるよう専用設備を維持運営することに努めます。ただし、不測の事態により本サービスが利用できない場合があることを乙は予め了承するものとします。

第25条 【甲の義務及び責任】

甲は、乙に対して情報を継続的に提供する責任を持つものとします。

第26条 【乙間の情報】

本サービスを通じて他の本サービス利用者等との間で直接なされた情報の授受、及びそれに付随して行われる行為について甲は一切責任を負いません。

第27条 【個人情報等の保護及び法令遵守】

甲が取得した乙の個人情報は、別途定める甲のプライバシーポリシーに従って取り扱われます。

甲は、刑事訴訟法第218条(令状による捜索)その他同法の定めに基づく強制の処分が行われた場合には、当該法令及び令状に定める範囲で前項の守秘義務を負わないものとします。

甲は、警察官、検察官、検察事務官、国税職員、麻薬取締官、弁護士会、裁判所等の法律上照会権限を有する者から照会を受けた場合、緊急避難または正当防衛に該当すると甲が判断するときは、法令に基づき必要と認められる範囲内で個人情報等の照会に応じることができます。

甲は、サーバ設備の故障その他のトラブル等に対処するため、契約ディレクトリ内のデータを複写することがあります。

第7章 損害賠償等

第28条 【損害賠償】

甲は、乙に対し、本サービスの利用により発生した一切の損害について、原則としていかなる責任も負わないものとし、当該損害の賠償をする 義務もないものとします。万一、甲の故意または重過失が理由で乙に損害が発生した場合は、損害発生日からさかのぼって過去一か月に乙が甲に支払った本サー ビス利用料金をその賠償額の上限として損害賠償責任を負うものとします。

甲が本規約に基づき、乙の登録、掲載した情報を削除し、乙の会員資格を停止、抹消し、本サービス及び付加サービスを停止、中断、中止等したことにつき、一切の損害賠償義務を負わないものとします。

乙が本サービスの利用によって他の本サービス利用者や第三者に対して損害を与えた場合、乙は自己の責任と費用をもって解決し、甲に損害を与えることのないものとします。

本サービスの提供範囲外の商品の販売促進、また販売促進以外の目的でのメールの大量配信を行った結果、本サービスの運営に影響が生じた場合、「威力業務妨害」等による刑事告発、または損害賠償の請求を行うことができるものとします。

乙が本規約に反した行為、または不正もしくは違法な行為によって甲に損害を与えた場合、甲は乙に対して損害賠償の請求を行うことができるものとします。

第29条 【免責事項】

甲は、本サービスの内容及び、乙が本サービスを通じて得る情報等について、その完全性、正確性、確実性、有用性等いかなる保証も行いません。

甲は、乙が本サービスを通じて得た情報のために何かしらのトラブルに巻き込まれたり、不利益等を被ったとしても一切の責任を負いません。

本サービスに基づくサービスの提供の遅滞、変更、中止もしくは廃止、または本サービスを通じて登録、提供される情報等の流失もしくは消失等その他本サービス の利用に関連して乙に損害が発生した場合は、甲の故意または重過失による場合を除き、一切責任を負いません。甲の故意または重過失による損害賠償額につい ては、本規28条の範囲内においてのみ責任を負うものとします。

甲は、本サービスの利用に供する装置、ソフトウェアまたは通信網の瑕疵、動作不良、または不具合により、乙に損害が生じたときであってもその一切の責任を負わないものとします。

第8章 雑則

第30条 【著作権、知的財産権】

甲が提供するサービス上で、甲が掲示した内容に関する著作権等の知的財産権は、別段の定めのない限り全て甲に帰属し、甲の許可がない限り本規約により作成、運営されるサイト以外で利用することはできないものとします。違反した場合甲が指定する違約金を支払う必要があり、従わない場合は法的処理を行うことがあります。

乙が解約及び会員資格の停止、取り消しとなった場合であっても、それ以前に提供した情報の権利は前項によるものとします。

乙から投稿されたコンテンツの著作権はそのコンテンツを投稿した会員に帰属します。ただし、甲が本サービス外のウェブサイトや出版物、その他メディア等に、これらの情報を二次利用(表示・引用・転載等)する場合、乙はこれを許諾するものとします。

乙は、第三者が著作権、商標権、意匠権等の知的所有権を有する著作物、標章、サービスマーク、デザイン、表示等を甲が提供するサービス上に掲載する場合は、乙が当該知的所有権保持者より許諾を得る必要があり、甲はこれについて一切関与しないものとします。

前項に違反して問題が発生した場合、乙は自己の費用と責任においてかかる問題を解決するとともに、甲に何らの損害を与えないものとします。

第31条 【準拠法】

本規約に関する準拠法は、全て日本国の法令が適用されるものとします。

第32条 【協議及び管轄裁判所】

本規約の解釈を巡って疑義が生じた場合、甲は合理的な範囲でその解釈を決定できるものとします。

本規約に関する全ての紛争については、名古屋地方裁判所を第1審の専属的合意管轄裁判所とすることを予め合意します。